活動の覚書(ブログ)

河越御所およびエンターテイメント研究所の活動覚書です。

探究三分野の更新記録はもちろん、その他関連することがらや雑多なものごとに関する情報を気ままに書き記していきます。

左側の覚書のタイトル(下線部分)や、以下の日々の話題を象徴する写真をクリックしていただくと、それぞれの記事のページへと移動することができます。

お楽しみください。

 

当サイト内のすべてのコンテンツについて、その全部または一部を許可なく複製・転載・商業利用することを禁じます。

All contents copyright (C)2020-2024 KAWAGOE Imperial Palace Entertainment Institute / allrights reserved.

活動の覚書(ブログ)一覧

「朱筋溜塗打刀」が思いのほか、素敵でした。

上野の東京国立博物館、常設展の刀たちと戯れたお話の続きです。

何処を観ても人集りという状態で、なかなか刀剣・拵えに集中することが難しかったのですが、そんな中で赤い鞘が素敵な一振りが視界に入ってきました。

「朱筋溜塗打刀」(しゅすじためうるしうちがたな)です。
手前に拵え、向こう側に刀身が並んでいる展示でした。

解説として

 「重要文化財 伝当麻 刀(金象嵌
 銘)ゆきふかき・・・」に付属する刀装
 (拵)で、大久保一翁の好みでつくら
 れたと考えられます。鞘を鮮やかな朱
 筋溜塗とし、刀装具は鐔が鉄製でその
 他は赤銅製とします。幕末には栗形や
 返角がなく、足金物を一つだけ付けた
 本品のような拵が流行しました。
                    」
という文がありました。

人集りの中で撮ったので、正面には立てませんでした。

単なるベタの朱塗ではないのです。
この画像では判り辛いのですが、「朱筋」と言われる様に縦の筋ができています。
「溜塗」ですから漆を重ね塗りして、この美しさを生み出しています。

居合刀の特注で、この拵の再現は不可能でしょう。
特に塚前は断られてしまう要素が満載ですね。
鞘の溜塗も、この様な「朱筋溜塗」とするのは金をかけても同じにはならんでしょう。

拵と並んでいた刀身です。
重要文化財の刀で伝「当麻」だそうです。

幕末~明治期の武士・政治家であった大久保忠寛(一翁)の愛刀だったといいます。
太刀を磨上げたというのが気に食わないのですが、致し方ありません。
綺麗な直刃の刀身です。

茎(なかご)に金象嵌が見えます。

撮った画像の茎部分を拡大していますが、意識して撮ったものではないので、これが限界でした。

 「由起布かき山もか寿みて本能々あけ行く春乃
                 多まちのそ良 一翁
 (ゆきふかきやまもかすみてほのぼのとあけゆくはるのたまちのそら いちおう)

と、大久保忠寛(一翁)の詠歌が象嵌されています。

幕末以降の刀剣に興味は無いのですが、朱塗鞘の特注をする際の参考にしますよ。

2024年04月10日

秀吉の指料「朱漆金蛭巻大小」と遭遇しました。

〝ある用〟がありましてな、東京国立博物館に行って来ましたよ。
気が付けば、とて久し振りの訪問でした。
最近何度も訪れているつもりなのですがね(笑)。

〝ある用〟は扨措き、常設展の話をしましょう。
折角、平日に仕事を休んで、でも朝早が辛くて予定より1時間程遅れて出立したのですよ。
雨降っているし、外国人観光客が仰山な列を成しているし・・・。
入場チケット購入のための行列でした。

この行列を見て、最初に考えたことは
 「もう、帰ろっ」
でしたからね。

併し乍ら、〝ある用〟を達成するには時間的猶予がありませなんだ。
致し方無く、外国人観光客の中に身を投じましたよ。
列を成す人びとのうち、外国人の割合は8割超、9割に近かったと感じます。
荒れた天候の中、よくもまぁ、こんなに集まったもんだこと(絶賛)と驚きでした。

人数から2時間程待つのか・・・ぐらいの覚悟をしていたのですが、ことのほかスムーズに進み、列に並んでから45分程度でチケット購入と相成りました。

〝ある用〟は置いといて、常設展エリアに入ります。
外国人観光客の多いこと・・・多いこと。
オリエンタリズム、ジャポニズム・・・西洋の方々にとって色々と魅力と感じる要素が満載でしょうからね。
何処を観ても、人集りでした。
それでも、その人集りの隙を見付けては展示物の前に立ち、画像を撮ってきました。

色々と撮ったのですが、今回のお話の主役は
  豊臣秀吉の指料「朱漆金蛭巻大小」(しゅうるしきんひるまきだいしょう)
にございます。

既に模造刀業界では製品化されています。
余り、市場には出回りませんがね。
居合刀ですと、本物に色合いを寄せた素敵な一振としては
  「有限会社 大澤刀剣」様
の「復刻名刀 豊臣秀吉」がありますね。

価格は8万超えと高級居合刀の範疇となりますが、欲しくなってしまいます。
だって、これまで
 長尾景虎の「山鳥毛一文字」
 長尾景虎の「姫鶴一文字」
 織田信長の「圧し切り長谷部」
 明智光秀の「明智拵」(黒革束巻)
 明智光秀の「明智拵」(溜漆打刀)
 徳川家康の「ソハヤノツルキウツスナリ」
 徳川家康の「日光助実」
と、文化財として伝存している刀をモデルとした居合刀を入手していますからね。

かなり前のことでしたが、秋葉原・武装商店の店主様と特注の件でお話をさせていただいた時、
 「この金の蛭巻を本物を意識して再現するのが難しいんですよね」
とアドバイスを頂戴しています。

鞘の
 朱 漆:本物を意識した色合いは可能でしょう(金はかかるでしょうが)。
 金蛭巻:キラッキラッにしたいですね。
     金属板を巻き付ける?(これがかなり難儀なのだそうです)。
     金箔で鮮やかな金色を再現する?(金はかかるでしょうが)。
 金色鐺:単純な金色塗りでお願いすれば、実現は可能でしょう。

でも、本物に見える鞘尻のくすみ具合を再現すれば、どうなのか?
綺麗に塗ってもらったところを、敢えて汚すのは職方(職人さん)が嫌がりそうです。
まぁ、本歌(本物)の完全コピーは望んでいませんのでね。

柄前を中心に考えましょう。
 柄 頭:市販のものを金色に塗ってもらえば実現可能でしょう。
 縁金具:こちらも市販のものを赤く塗ってもらえば実現可能でしょう。
 目 貫:本物は「雲龍」だそうで、龍の目貫を金色に塗ってもらえば実現可能でしょう。
 鮫 皮:本歌に倣って黒染めで。
 柄 巻:焦茶の牛革にしてもらいます。
 鍔  :市販の「金桐紋透鐔」を金色に塗ってもらえば実現は可能でしょう。

「河越御所」の居合刀、殆どが革巻ですからね。

本物の画像では「大小」揃えですが、大刀のみでよいのです。
考えているだけで楽しくなってきましたよ。

2024(令和6)年、〝夏の目標〟として「朱漆金蛭巻」の大刀を特注でお願いすることに決めました(笑)。

2024年04月09日

勿論、現場では気付きませんよ。見えないんだもん。でも、こうして後から〝気付かされる〟のです。

最近、続いていますよね(他人事です)。本編をご覧になる前にネタバレとなってしまいますが、複雑な水の流れではなく〝岩場の凹凸が偶々そう見えたもの〟と判断しました。大和国室生の妙吉祥龍穴の「招雨瀑」(しょううばく)が激しかったのは、気難しい室生龍からのプレゼントでしたが、こうして画像の中から不思議な現象を見出すことは〝大和国室生の龍たちと戯れる〟ことの一環ですのでね。〝見える人〟〝感じる人〟にとっては、室生寺/室生龍穴神社/妙吉祥龍穴/龍鎮神社は堪らんでしょうな。「いざいざ奈良」ですからね、大和国室生を訪れてみてくださいな。交通の便はよろしくありませんがね(笑)。

2024年04月06日

朱印帳を「風信帖」モデルに変えましたよ。

2023(令和5)年末、西国遠征の締め括りとして山城国東寺に参詣しました。とは言いながらも、彼方此方を遊び回りましたので軍資金は底をつき、売店で何も購入しませんでした。大和国のある寺院で寺院用の朱印帳が終わってしまいましたのでね、東寺で朱印帳を新調することに決めていました。朱印帳の交換はタイミングですからね。東寺で新調するのはご縁あってのことです。数種類ある内から、「風信帖」モデルの朱印帳を選びました。勿論、始まりは「弘法大師」ですよ。限定「弘法大師」朱印も頂戴しました。2023(令和5)年は、久方振りに紀伊国高野山に参詣しましたからね。素敵な想い出ができた年でした。

2024年04月05日

僅かですが、雪の残る「室生寺」で遊んだ時のお話です。

数日前に降雪・積雪した様です。天照大神が晴天にしてくれるので、室生寺の雪景色を目の当たりにすることはできませんよ。各建造物の屋根に残っていた雪、どんどん無くなっていくのです。今回は太鼓橋の前から五重塔までの「室生寺‐前編‐」とも言うべき内容となっています。ほぼ金堂と五重塔の話ですがね。金堂の横に位置している〝龍を祀る〟天神社。これまで意識していなかったのですが、今回はしっかりと撮っていました(注目してではありませんが)。次回はしっかりと注視して撮ってきますよ。五重塔を愛でている時、〝天照大神の恵み〟が強くなってきました。龍が封じられている五重塔が、とても魅力的に見えましたよ。ただ湿気で建物を傷めるのは止めれっ!

2024年04月04日
» 続きを読む