乾闥婆(イSム「掌」 イSム10周年特別商品 限定200セット)

2021(令和3)年5月、「10th ANNIVERSARY CAMPAIGN」と謳われて興福寺モデル〝天竜八部衆〟が発売されました。
今回は、箱の中の黄色い枠で囲われた「乾闥婆」(けんだつば)を観ていきます。

 

箱から出てもらいましたよ。正面から観ると、この様な姿をしています。

帝釈天の眷属(けんぞく)で、帝釈天宮において簫(しょう)吹くなど楽器を奏(かな)で、諸神を供養しているそうです。
寺伝と姿形が「乾闥婆」で合っている像です。

 

360度、まわしてみます。

 

では、その表情に近付いてみます。

頬がふっくらと張っており、幼き年齢の少年の表情だと言われています。
目は閉じている様に見えますが、
 ・ほとんど目を閉じる
 ・極端に目を細めている
 ・静かに目を閉じている
 ・ほぼ正面を見据えている
と様々な表現が成されています。
本物の写真も見てみましたが、両目共に閉じている様でした。
眉を強く顰(しか)めています。
本物はもっと顎のラインが鋭角になっていますが、イスム乾闥婆は〝膨よかさ〟が強調されています。

獅子冠(ししかん)を被(かぶ)っているということで、獅子の顔の部分に焦点を当てました。
「獅子冠」は、ギリシアのヘラクレス神にまで遡ることができる〝武将の象徴〟とされています。
本物は、この獅子の顔に金色の顔料が良好に遺っています。
造形は本物に準じているイスム乾闥婆では、獅子の顔に施されている金の彩色は簡略化されています。

右から、そして左からの横顔の様子です。
乾闥婆の頭頂部から前方は獅子の顔が乗っかっている状態ですが、頭頂部後方・耳の後方は毛並みを表す毛彫りが施されています。
耳下から首・肩にかけては五部浄と同様に革製兜の垂れの様になっています。

頭部を後ろから観た画像です。
〝獅子の鬣(たてがみ)〟を毛彫りで表現しています。
本物に準拠している、繊細な毛の流れが表されています。

 

本物と比較して、ほんのちょっと首周りが細い感じ。
獅子頭の兜から連動している肩甲の下部は、イスム乾闥婆が左右対称なのに対し、本物は左側が少々長めで胸甲の下に入っています。
鎧と袖の彩色は簡略化されており、視線が表情に集中できる様に工夫がなされています。
着用している鎧は中国風の物で、身体の各部位を防護するパーツを留め具で繋ぎ合わせています。イスム乾闥婆は、こうした細かいところもしっかりと再現されていますね。

 

両手は腹の前に突き出しています。
何かを持っていたのでしょうが、指の形状と左右の腕の角度だけでは判断できませんね。
因みに、手首から先は後補なのだそうです。

左手は、親指と中指で何かを挟んでいたかもしれません。

右手は指を曲げながらも、何かしらを包み込む様に持っていたようですね。
鰭袖(ひれそで)の上腕部、本物は剥落・退色の結果として模様が見えにくくなっていますが、簡略デフォルメをして模様を判り易く表現しています。

 

腹から膝上周辺までの様子です。
重ねられた各甲に施されている装飾・文様が、色合いを淡くしつつも本物に準拠して表現されています。

本物と同じく剥落・退色を表現しようとすれば、緻密な再現作業は価格に反映されてしまいますし、おそらくセット販売は実現不可能だったでしょう。
デフォルメをすることにより、セット販売が可能となり、身近に興福寺モデルの八部衆を満喫することができました。こうした創意工夫に感謝ですね。

膝周辺から足元にかけての様子です。
両足に脛甲を装着していますが、本物よりも若干細めになっています。
金色の残存状況が良好なのですが、イスム乾闥婆はそこを淡く金色を被せています。
膝横に垂れている天衣(てんね)は、本物の画像を見ると色の塗り分けがなされている様です。もしかすると模様も施されているのかもしれません。イスム乾闥婆では、その微妙な色の変化を簡略化しながらも柔らかい印象で表現しています。
沓もつま先が鋭角に反っているのが再現されています。

 

背面にまわってみましょう。

背中を覆う鎧の様子です。植物を象った文様が施され、その上に金色を乗せています。
本物は、この背板が身体の中心線から左側にずれていますが、そこまでの再現はなされていない様です

目線を下に移動しましょう。
腰から臀部を覆う表甲は、背板と一体化している様です。とすれば、腰元にも背板と同様に植物をモチーフにした模様が施されていたと考えられますが、本物の画像を観ると模様が存在していた様です。でも具体的に模様が見えないので、顔料の残存状況を踏まえて金色を淡く乗せています。
その下に重なっている下甲2枚には、それぞれ異なる模様が施されています。本物に準じた丁寧な再現になっています。

 

 

今一度、膝元から見上げた画像をのせました。
乾闥婆は前に着き出した両手で、何を持っていたのでしょうかね?

 

 

 

 

当サイト内のすべてのコンテンツについて、その全部または一部を許可なく複製・転載・商業利用することを禁じます。

All contents copyright (C)2020-2022 KAWAGOE Imperial Palace Entertainment Institute / allrights reserved