汚し塗装が無い〝褐色の阿修羅〟はカッコイイ。

 仏像エンターテイメイント部門「阿修羅(M-ARTS リアル仏像 精密現存復元仕様 褪色Ver. 150体限定品)」を掲載しました。

今回は、株式会社MORITA様で2008(平成20)~2010(平成22)年にかけての2年間、しかも150体だけの生産・販売だったという〝褐色の阿修羅〟のお話です。
当時の株式会社MORITA様本社(現・埼玉ロジスティックセンター)にうかがった際、〝色んな阿修羅が居る〟ぐらいにしか思っていませんでしたが、標準版とは別に極彩色版と茶色(褪色)版が存在することを説明していただきました。阿修羅像は欲しかったのですが、他の造形(毘沙門天・如意輪観音)が余りにも魅力的過ぎて〝連れて帰るのは後まわし〟になってしまいました。入手できたから良かったものの、「今回は赤い阿修羅を連れて帰りますから、茶色の阿修羅はまた今度・・・」という軽いノリでいました。気をつけねば。油断すると気付けば品切れ・絶版という憂き目に遭ってしまいます。
因みに、株式会社MORITA様創業50周年記念(2018・平成30年)の折に限定50体復刻された「阿修羅 50周年記念モデル 精密復元仕様」は現行版を褐色にしたヴァージョンで、今回紹介した褐色Ver.よりも表面の仕上げが美しいものになっています。

2020年12月26日