綺麗なエメラルド・グリーンの炭酸です。

 お土産エンターテイメント部門「ポッカサッポロ がぶ飲み ブドウ糖ソーダ」を掲載しました。

近所のスーパーでバラ売りしていたので3本を購入しました。
だって、色がとても綺麗だったのですよ。
しかも「ブドウ糖ソーダ」って。
どんな味か、気になるぢゃないですか。

 

楽しい味わいを提供してくださる「がぶ飲み」シリーズ。
「ココロ、解放炭酸」ということで、喉ごしスッキリ感が期待できます。

 

「ブドウ糖」。
特別な場合除外し、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質なのだそうです。

「集中力スイッチON」とあるのは、ブドウ糖が脳の活動を維持するために重要な栄養素だからなのだそうです。成人の脳が1日に消費するブドウ糖の量は約120gだといいます。

 

正直パッと見〝緑色のブドウソーダ〟って・・・と思っちゃいましたよ。
「糖」の字に直ぐ気付いたので、やられた感に苛まれましたとさ。

それはさておき、「GO WITH YOUR STUDY」って。
・・・ブドウ糖が不足してしまうと思考力の低下を招き、集中力も削がれてしまい、イライラと気持ちがササクレ立って「STUDY」が捗らなくなってしまうそうです。
まぁ、勉強なぞしませんけどね。

 

あら、果汁が無い。
それよか、単純に〝炭酸の泡〟を模したデザインと思いきや、
 桜
 「大吉」
 笑顔マーク
という〝お勉強に効果がありますよ〟的な演出、ターゲットが受験生やないかいっ!

 

成分は、こんな感じ。
細かいことは、気にしませんけどね。

 

中身をグラスに移すと、こんな感じ。
何ともまぁ、美しき色合いですこと。

 

あまりにも麗しい色合いなので、角度を変えて見ています。
味は、この色のソーダアイス・キャンディーに共通するものですが、アイスよりかもチョイと濃いものになっています。チビチビと飲んでも、1本空ける頃には腹一杯になってしまいます。

疲労が蓄積すると、脳がブドウ糖を要求してくるので甘い物が欲しくなってしまいます。
そんな時には、このブドウ糖ソーダは打って付けなのでなのでしょう。
しかしながら、ブドウ糖を多く摂取し過ぎると太っちゃいますので、気を付けましょう。
そういった観点から、箱買いはしませんよ。

2022年05月21日