居合刀改造 柄下地フェイクファー・半太刀拵

此方は、新宿「魂琥李斗(コンクリート)」様で購入した中古居合刀「五郎入道正宗 半太刀拵」を、自分で気ままに改造しました。

鞘は焦茶石目塗、責金物・石突金物を付けておりました。

柄巻は木綿茶色であったものを、鞘塗の色に合わせて自分で焦茶のバックスキンに替えました。

<img src=”柄下地フェイクファー半太刀.jpg” alt=”柄下地フェイクファー半太刀”/>

柄下地は白鮫皮であったものを外し、豹柄のフェイクファーを貼り付け、柄巻を施しました。以前、武装商店・店主様と改造の件で話していた際、柄下地に布・皮のシートを使用するという話題になったので、「模様付のフェイクファー」の使用はどうか?と質問したところ、柄巻師の職人さんは作業がし辛くなる事は嫌がると聞いていたので、自分で取り組んでみました。資料を見ながら初めての柄巻でしたので巻き辛さは感じませんでした。


鍔は別に購入していた既製品「斧題目」を組み込みました。

目貫は別に購入していた既製品「梵字雲」を表裏共に真ん中に据えて柄巻をしました。
下緒は付けずにいます。

全体の色合いはバランス良く、なかなか洒落た姿に仕上がったと感じています。
購入した中古品を専門店で改造してもらうのは敬遠されるということを聞いていましたので、このように自由気の儘に手を加えるという「遊び」で楽しんでいます。

 

当サイト内のすべてのコンテンツについて、その全部または一部を許可なく複製・転載・商業利用することを禁じます。

All contents copyright (C)2020-2021 KAWAGOE Imperial Palace Entertainment Institute / allrights reserved