美術刀特注 「拵短刀/Rose et Noir(仮)」に感化された切返鞘

(つづき)
「拵短刀/Rose et Noir(仮)」との揃えを意識した特注には、未だ続きのストーリーがあります。

ちょうどこの頃、「長い薩摩柄を黒合皮で柄巻」と「ラメに黒散らし」が当家で大流行していたこともあり、「ショッキングピンク・ラメ塗ってできます?可能であれば黒散らしをかけてもらいたいのですけれど・・・」と問い合わせたところ、面白いと受注していただきました。

<img src=”切返鞘.jpg” alt=”切返鞘”/>

 

此方の特注美術刀は「武装商店」様にお願いしました。
長い薩摩柄に、いつもは大車輪鍔を好んで装着してもらうのですが、今回は小振りの木瓜桜図を合わせることで先のショッキングピンクの一振と重複しないようにしました。

全体が黒っぽい仕上がりで、ショッキングピンク・ラメが黒散らしの隙間から良い感じでの主張をしており、鞘に装着した鍬型鐺が全体像を引き締める役割を果たしています。

<img src=”切返鞘.jpg” alt=”切返鞘”/>

 

<img src=”切返鞘.jpg” alt=”切返鞘”/>

使用例がほぼ無い鞘塗りでしたが、職人さんも「良い色合いが出せた」と満足されていたそうです。楽しんでいただき、当方としてもとても嬉しい限りです。

<img src=”切返鞘.jpg” alt=”切返鞘”/>

最後に特注のきっかけとなった「拵短刀/Rose et Noir(仮)」と、そこから派生した特注二振りを並べてみました。別個に見ると気付きませんが、今回の特注物語を踏まえるとこの三振は兄弟、いや色合いから姉妹であることがお解りいただけることと存じます。

 

当サイト内のすべてのコンテンツについて、その全部または一部を許可なく複製・転載・商業利用することを禁じます。

All contents copyright (C)2020-2021 KAWAGOE Imperial Palace Entertainment Institute / allrights reserved