金剛力士像・吽形(M-ARTS リアル仏像 「京紫」仕様 茨木Ver.)

此方は鎌倉時代、檜材の寄木造で制作された、国宝「金剛力士像(吽形)」をモデルとした「M-ARTS リアル仏像 金剛力士像」です。

 

こちらも以前紹介した阿形と同様、茨木彰氏の総合監修による2008(平成20)年のリアル仏像ワールド第2弾「仁王(金剛力士像)」の造形に、茨木彰氏が彩色を施された限定品で、色合いから便宜上「京紫」(きょうむらさき)仕様と呼んで緻密現存仕様と区別しています。

 

顔の正面に合わせた全体像です。
734(天平6)年に創建された西金堂が、1182(養和2)年に再建されるにあたり造像された物をモデルとし、本物よりも筋肉の張り具合が強調され。更に京紫色に塗られているので光沢を湛えています。鎌倉時代における武士の気風に合致する様な力強さを、京紫で彩ることで際立った像です。
 ・上半身の筋肉が強めに張っており、特に広背筋が本物よりも大きめに表現
 ・顎周りがスッキリしており、顎が上がっている様に見える
 ・本物の右前腕部と手のひらの欠損を補っている
 ・裳の形態が本物と少々異なっている
などと一見でデフォルメがなされているのが判ります。

 

転回させて、筋骨隆々の具合を堪能していただきましょう。

 

 

 

西金堂内に安置されていた、本尊脇侍である一対の仁王像のうち、口を閉じた「吽形」の顔面アップ画像です。

本物は実際の人体構造に比べて〝短い首〟と、顔面の中央に集約する目・鼻・口の不自然さが指摘されています。「リアル・金剛力士」では激しく盛り上がっている筋肉の形状と目・鼻・口の位置のバランスを整えているので違和感はありません。顔面の筋肉の隆起具合がとても判りやすくなっています。額全面に盛り上がる筋肉の凹凸と、「ヘ」の字形に固く結ばれた口が忿怒の表情を際立たせています。
阿形の肉身部彩色は朱色だったそうですが、以前の緻密現存仕様よりも「京紫」仕様は筋肉の付き具合がとてもよく判ります。
「京紫」仕様とは謂っても紫色のベタ塗りではなく、言葉では表現できない重ね塗りがなされています。

 

顔の右側から観た頭部の様子です。
「京紫」仕様では、筋肉の張り具合や血管の浮き出ている様子が緻密現存仕様よりも判りやすくなっています。
額の筋肉隆起が現実的ではありませんが、このデフォルメが善き表情を造り上げています。
耳も耳朶環状(孔は空いていない)がはっきりと見えています。

 

顔の左側から観た頭部の様子です。
吽形が造られた当初は白色であったと考えられていますが、此方は阿吽両像がセットなので共に全体を京紫で塗られています。

 

両肩の僧帽筋の盛り上がりは著しく誇張されており、こうした部分は塑土で形作られています。首から胸にかけて伸びる筋や浮き出る血管は、だいたい本物に準拠している表現となっています。
本物の目には玉眼が用いられています。「リアル・金剛力士(吽形)茨木Ver.」では瞳孔を金色で囲った黒色で、虹彩を明るめの緑色で彩色しています。

 

顔・正面を少々下から見上げてみました。
視線が合ってしまいますので、眼力の頑強さが伝わってきます。
縦の隆起する額に多少の違和感を覚えますが、全体をみていると調和がとれています。

 

前の画像とは逆に、顔面を少々上からみてみました。
陰影が出ているので、想定外のカッコ良いものになりました。

 

そのまま角度を変えてみました。
顔面の筋肉隆起と厳つい身体の凹凸が見事に合致しています。
吽形は上から観ると、どの方向からも強い圧を感じる画になります。

 

張り裂けんばかりの胸筋から、表情を見上げています。
顔面の極端な筋肉隆起が、この身体と融合することで全体的に調和がとれています。

 

興福寺西金堂の金剛力士・吽形は右前腕部・左乳頭が欠損していますが、「リアル・金剛力士」では失われた右手と左乳頭を補っています。
阿形と同様、鳩尾から肋骨に沿ったラインと腹筋形状が、現実的な人体とは異なっています。この点を「リアル・金剛力士」では少々抑えめにしています。
広背筋を大きめにし、腰の括れを強めにつくっている特徴は、阿形にも見えるものです。
左右の腕が描く角度、右の手のひらが開かれ、左手が拳を握っているバランスが見事にとれています。

 

京紫Ver.でも、補われた右の掌がとてもリアルに造られています。
本当に〝生きている〟かの様な掌に見えています。ポリストーン製なのですよ。
掌の後ろに見える大胸筋・三角筋・広背筋・腰の括れが美しい統一感を表しています。

 

真横から「く」の字になった右腕の全体をみています。
右前腕部の筋肉の筋と張り、血管の浮き出し方が〝掌の生命感・躍動感〟を後押ししています。
上腕二頭筋に凹みがあるのが不自然です。
肘の尖り具合が人体の構造と異なりますが、本物と同じ表現なのです。

 

肘から、補って復元された右の前腕部・掌を観ています。
「刺さってしまう」のではないかと思ってしまう尖った肘です。本物もこのフォルムです。
上腕二頭筋に凹みがありますが、生々しさを感じるリアルな腕の造形です。

 

背後にまわってみました。
右手が何かを掴み取ろうとしているかの様です。
顔面と比べると、頭部の背面はもっと凹凸があって然るべきなのですが、のっぺりしています。しかし、これも本物に準拠しているのです。
右耳の下から垣間見える膨らみは、顔面の筋肉ですが、こうして見ると違和感があります。左側も同様で、これも本物に忠実な再現なのです。

 

こちらは左腕の様子です。
左の拳と前腕部に見える浮き出た血管から、とても力強さが伝わってきます。
拳が妙にリアルです。

 

腰の括れにピントを合わせています。
胴体のうねりと、「く」の字の左腕が描いている幾つもの立体的な曲線が見事なリズムを奏でています。

 

同じ視点で、角度を変えて見ています(下から見上げています)。
凹凸の凹部分には彩色で黒っぽさが注されているのですが、光の具合で生じた陰影で強調され、更にカッコ良く見えています。

 

肩甲骨に乗っかっている筋肉の形状が不気味です。首の付け根の突起(ボコボコ)も怪しげです。

ちょっと視線を下に移してみましょう。

背面の筋肉形状は、驚くことに本物と瓜二つになっています。実際の人体ではこの様な形にはなりませんね。本物は左右の腕の付け根部分にヒビ割れが生じています。
背中から腰元にかけて急激な絞り込みがなされています。
上半身は前後の矧木で、下半身は左右の矧木で組み合わせられており、この腰の部分で上下に重ねられているのだそうです。こうした構造ゆえ、背中から腰にかけて急カーブを描いているのです。これを専門家は〝体勢の破綻〟と表現しています。

 

左後方から背中を観ています。
厳つい胴体なのに、腰の括れが強いので〝美しく締まっている〟のが判ります。
この角度からだと単調な筋が施されている両腕と背中が、良く調和しています。

 

さらに下から見上げると、上から見た時に感じたボコボコ凹凸の違和感が緩和されています。

 

下から見上げる視点のまま、背中の正面を観ています。
頭部は上から見おろすとカッコ良かったのですが、背中は下から見上げると、これまたカッコ良いです。

 

腰裳の正面側を観てみましょう。
激しく風に揺れて波打っている裳に、しっかりと輪宝・宝相華の団花文が彫り込まれています。たなびいている裳の表の周縁部には牡丹唐草文様が、裏の周縁部には花文様が施されています。

 

腰の右側を覆っている腰裳の様子です。
輪宝を中心に据えた宝相華の団花文が施されています。

 

腰裳の背面、臀部から大腿部にかけての風にたなびいている様子です。
輪宝を中心に宝相華の団花文が周りにめぐらされているのがよく判りますね。
緑地の裾には、細やかな模様と彩色が施されています。

 

躍動感ある裳に絡まれながら、血管が浮き出るガッシリとした両脚がリアルに再現されています。リアル仏像ですからね。

 

 

血管のみならず、筋肉の隆起や筋の出具合がまた生々しさを際立たせています。

 

 

 

当サイト内のすべてのコンテンツについて、その全部または一部を許可なく複製・転載・商業利用することを禁じます。

All contents copyright (C)2020-2021 KAWAGOE Imperial Palace Entertainment Institute / allrights reserved